結婚相談所での 『交際スケジュール』

誠実で人当たりの良い治療家さんにとって、
お見合いから仮交際に進展して、初デートまでのプロセスでは
ハッキリ言って、ほとんど苦しむことなく
進行するかと思います。

ですが、仮交際期間中のお付き合い継続については
逆につまづいたり、言い方は良くないですが
上手じゃない方がほとんどのようです。

とはいえ、結婚相談所での活動ペースが
つかめないうちは、それも無理のないこと。

とうことで、
今回は結婚相談所での
『交際のスケジュール感』について
お伝えしますね。

確認ですが、
仮交際と真剣交際の違いは、
交際できる人数と《お相手に対する気持ち》です。

結婚相談所での活動ルールでは、
仮交際中は複数人とのお付き合いがOKなんです。

しかし、 お見合いから3ヶ月間を区切りに
本命一人に絞る(真剣交際)、
もしくは、候補の中に見つからなければ
もう二度とお会いしないことを決断して
交際終了するかの選択をしなければなりません。

仮交際から真剣交際へ進むためには、

「ずっと一緒にいたい」
「もっと仲を深めたい」
「この人と結婚したら幸せになれるかも」

など、
そのお相手と結婚することを望む
前向きな気持ちがハッキリとあることが前提です。

恋愛においての交際は、
たとえ結婚する意志がなくても
お互いに好きという気持ちがあれば
お付き合いを続けることができますよね。

けれども、成婚するために活動する
結婚相談所の交際では、
そういうわけにはいきません。

あくまでも、
表面だけでなく内面的な要素をより深く知る期間として
『仮交際』というステップが設けられているだけなので、
居心地の良いお相手と気の向くまま
いい感じにデートを続けているのが楽しい、というのは違います。

特に、男性会員に求められるのは、交際中は
毎日1回必ず電話(難しければメール・LINE)、
そして週1回のデート(もっと増やせるなら尚Good!)
というマメな行動です。

この期間に、いかにこれを実行できるかどうかで、
婚活のゴールを引き寄せるパワーの強さが変わってきます。

果たしてそんなことができるのか、心配ですか?

時間もエネルギーも、相当量をお相手に注ぐことが
必要だと考えると、どんなにアクティブで
バイタリティに自信のある方でも、

これだけ密度の濃い交際の長期化は
本気で恋愛モード、結婚モードになる以外、
難しいことがおわかりになるでしょう。

でも、できるはずです。 それだけ情熱を注げる相手になら!

だからこそ、結婚相談所の交際期間の目安が
3ヶ月と決められていることは
単に制限されているだけに思われがちですが、
実はそのほうが複数人との比較検討も含めた
活動がしやすくなる自由度につながるメリットもあるのです。

そしてその段階で、結婚を考えられるお相手とだけ
交際の継続(真剣交際)を選ぶという
プロセスをたどっていく、というのが
ルールになっています。

ご納得頂けるでしょうか^^

真剣交際へ進む際は、
「結婚前提にお付き合いをしてください」
「本気で結婚を考えています。真剣交際に進みませんか?」
と伝えましょう。

デート時に伝えるなら、
なるべく周りの人の目が気にならない静かな場所で、
「大事な話をしたい」と改まった雰囲気で
アプローチするのがおすすめです♪

真剣交際中は食事やデートをすることはもちろんですが、
なるべく過ごす時間を長くして、仮交際よりも
一歩踏み込んだ深いお付き合いを進めていきます。

今回はここまで^^

次回は、真剣交際からプロポーズへと進むタイミングについて
お伝えしますね!

【自分に合った相手を本気で見つけて結婚する!】
という想いに応えたい、それが婚グラッチェの願いです!

♪マンガでわかる
「オクテ治療家にピッタリの婚活とは?」

https://www.kon-grazie.com/lp/manga/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です